チャルカ~未来を紡ぐ糸車~

映画「チャルカ 〜未来を紡ぐ糸車〜 」制作にあたって

チャルカとはインドの手紡ぎ機「糸車」のことです。
「巡る因果は糸車」と例えられる仏教の教えは、自分のした行いは、良いことも悪いこともやがて自分に返ってくるといわれるものです。私たちが体験している悲惨な原発事故も、人間の過去の行いが巡り戻ってきたと考えられるかもしれません。しかし、そうであるならば、私たちは今どう生きて未来へと繋げていくか…。
何十万年という単位で残る「核のゴミ」。これもまた、人類が刈り取らなければならないものです。
私たちは自分たちの手で新しい未来を紡ぐことができます。すでにその道を歩き始めている人たちは大勢います。
この映画が、あなたの生き方を紡ぐチャルカとなりますように。
みなさまからの応援をいただければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

島田 恵

核のゴミ(放射性廃棄物)とは

原発は使用済み核燃料を始め、日々大量の放射性廃棄物を生み出します。低レベル廃棄物は六ヶ所村の施設に埋設。再処理で発生する高レベル廃棄物も六ヶ所村の施設に一時的に保管されていますが、それらは10万年~100万年間人間から隔離が必要です。しかし、その方法も場所も決まっていません。日本はすでに広島型原爆の放射能120万発分(小出裕章京大助教)の核のゴミを保有しています。

あなたも映画制作の仲間になりませんか♪

制作スタッフの一人として、一緒に映画を作り発信しませんか。経験、知識、年齢は不問です。あなたのできる分野、時間でけっこうです。原発のこと、六ヶ所村のこと、核のゴミのこと、あるいは映画制作に興味のある方、お手伝い下さい。一緒に映画制作を楽しみましょう。(無給のボランティアにはなりますが、交通費やかかった経費等はお支払いします)

制作スタッフが行っていること、お手伝いしてほしいこと

1. 月1回の会議(場所:主に新宿)
2. チラシや通信の発送作業
3. インターネット上の広報(twitterやfacebook等得意な方 パソコン入力など含む)
4. 取材・撮影時のお手伝い(移動の手配、運転手、機材や荷物持ち等)
5. 撮影した映像の文字起こし(経験不問 人手が必要です)
6. 編集作業(経験者求む!)
7. その他 事務作業補助など

映画制作のご協力をお願いいたします

『チャルカ~未来を紡ぐ糸車~』は、映画を応援してくださる皆さまからの協力金によるご支援に支えられ、制作をおこなっております。今後もご支援のほどをよろしくお願いいたします。
協力金1口1,000円(何口でも可)
5口(5,000円)以上 映画チケット1枚進呈
10口(10,000円)以上 映画チケット2枚進呈
チケットは全国どの上映会でも使えます!(進呈は上限2枚)

*大口ご協力いただいた方には、完成後DVDやパンフレット等をお送りさせていただきます。
*年数回発行の「六ヶ所みらい通信」をお送りいたします(送付を希望されない方は通信欄にその旨をお書きください)。

協力金振込先
郵便振替口座 00170-3-457128
口座名 六ヶ所みらい映画プロジェクト
ご住所お名前等の記載は、はっきりとわかりやすい字でお願いします。

お問い合わせ

六ヶ所みらい映画プロジェクト事務局
こちらからメールで承っております。
お電話の場合は 070-5568-3311(宮城まで)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする